潰瘍性大腸炎 食材一覧

ここでは今まで書いた記事を簡易的にまとめています。食材をクリックすることでまとめた記事を見ることができます。随時更新中。

ページ内にリンクを設けてみました。もう少し使い勝手を良くしたいです。

食材編

ほぼ問題なし

ほどほどに

少しだけ

一口だけ

避けた方がいい
その他
詳細編特別編栄養編
原材料名編あるある川柳

食材編

追加した食材

食材評価
さやだいず
伊達巻
あぁ牛タン
オー・ザック
こめ油で揚げた
ポテトチップス

ほぼ問題なし

食材コメント
出汁
だし
出汁にすれば負担は少ないが
栄養も少ないので注意
豆腐
とうふ
食物繊維や脂質が少ないので消化が良い
タンパク質やカルシウムが豊富
うどん栄養価は低いが、安心できる料理
工夫次第では、栄養満点の料理になる

離乳食として使えるほど、消化が良くリスクが少ない
お肉の代わりにもなる隠れた逸材

ほどほどに

食材コメント
里芋
さといも
免疫力向上や整腸作用があるが、
食物繊維も多いので食べすぎに注意
ご飯
(白米)
消化が良く毎日食べてもOK
水の量でさらに消化が良くなる
パンご飯とほぼ同じ評価だが、糖質がやや高い
食べ過ぎなければ、食事としては◎
味噌
みそ
単体では栄養価の吸収率は悪いが調味料を活かし、
いろんな具材と一緒に食べることが可能
魚肉
ソーセージ
食物繊維が無い貴重な食材
ただ、塩分が高いので食べすぎに注意
煎餅
せんべい
原料だけ見れば、大腸の負担が少ないのでおやつにぴったり
シンプルな醤油のみの味付けを選ぶと良い
長芋
ながいも
栄養価は悪くなく、タンパク質の吸収率を高めてくれる
若干、不溶性食物繊維があるので、注意

しじみ
アルコールの分解をしてくれる成分があるが、
肝臓を負担させる恐れもある

たまご
栄養だけは満点!
潰瘍性大腸炎に不要な食物戦が無いのもうれしい
野菜ジュース栄誉満点で、意外にも食物繊維が少ない
糖質が若干高いので、気になる方は飲み過ぎに注意
ささみ貴重なお肉で、比較的安全な食材
食べ過ぎなければ、うれしいタンパク源
ツナ魚だが、お肉のように扱うこともできる
種類も豊富で、オイルを取り除けば大腸にやさしい
蒲鉾
カマボコ
いろんな形で、食事を楽しくさせてくれる
栄養価も高く、消化も良い
素麺
そうめん
夏には最高の食材で、食欲が無い日でも食べられる
うどんと、同じ原料ではあるが、若干、注意点が多い
わらび餅冷たくて美味しいだけではなく、見た目や食感良い
消化も悪くないが、食べ過ぎる傾向があるので注意
七草粥
ななくさがゆ
栄養価が高く、消化もいいので、食事としては高評価
ただ、準備が難しい上に、消化の悪い部分も一部あるので注意
魚肉ソーセージ
(おさかなソーセージ)
カルシウムが豊富な種類もあり、栄養価は高い
消化も悪く無いので、リスクも少ない
玉子豆腐消化も良く、経済的なのがうれしい
卵が入っているので、そこだけ注意
シーチキン
(オイル不使用)
脂質が驚くほど低く、そして低カロリー
リスクはほとんど少ないので、ありがたい
さやだいず食物繊維の少なさとタンパク質は高い大豆を使用したお菓子
ただ、ノンフライなのに脂質が高いのが少し残念

少しだけ

食材コメント
ヨーグルト下血がある場合は食べない方がいい
安定時には積極的に食べた方がいい
大豆
だいず
お肉の代わりにもなってくれる
食物繊維も多いので食べすぎに注意
蕎麦
そば
栄養価は高く疲労回復の効果あり
ただ食物繊維が多いのでよく噛んで
トマトビタミン、カリウムが豊富
ただ、皮や種に注意
ジャガイモ油を使わなければ意外とヘルシー
芽や緑色の皮には細心の注意を!
もやし安い上にビタミンB群やビタミンCが豊富
傷みやすいので注意!
人参
にんじん
免疫力を内側、外側共に強化
ただ、不溶性食物繊維が多い
林檎
リンゴ
栄養バランスが良く、整腸作用がある
食べ過ぎなければ、良い食材
団子
だんご
食物繊維や糖質が少なく、おやつにぴったり
ただ、味付けによっては評価が違うので注意
ブロッコリービタミンCなどで免疫力アップが期待できる
意外にも筋トレの方に好まれる栄養素も豊富
パスタ主食にもなる、アレンジしやすい麺
食材よりも、使うソースや調味料に注意
梅干
うめぼし
クエン酸などの効果で、疲労回復や免疫力をアップさせる
ただ、大腸の負担も大きいので、
煮干
にぼし
鉄分やカルシウムが豊富で、貧血予防にもなる
ただ、治療を妨げる恐れがあるので食べ過ぎには注意
納豆
なっとう
タンパク質やカルシウムが豊富で、筋肉にも良い
ただ、納豆菌は大腸に負担をかける恐れがある
ハヤシライスカレーよりは刺激物は少ないが、食べ過ぎには注意
症状が落ち着いたころに食べた方がいいかも
スポーツ
ドリンク
消化は悪くないが、糖質、塩分が高いので注意
熱中症対策の時にのみ、利用するといいかも
西瓜
すいか
暑い夏を楽しくさせてくれるうれしい食材
ただ、少々厄介な部分も多い
薩摩芋
さつまいも
甘くて、腹持ちが良いため、間食用としても活躍できる
ただ、大腸に負担をかける要因も多いので注意
カリフラワーあるところでは、ご飯の代わりにしている食材
ブロッコリーよりはデメリットは少ないが、食べ過ぎに注意
白菜
はくさい
鍋料理の具材の定番
食べ過ぎると、体調不良になることもあるので注意
醤油煎餅
しょうゆせんべい
原料が精米なので、消化は良く安全と思いきや
油や唐辛子が若干使われていたので注意
豆乳
とうにゅう
植物性の大豆が原料ではありますが、
若干、リスクがあるので注意
天然酵母の
クラッカー
80kcalという低カロリーでよい数字
若干のカルシウムもあり
ボーロバターなどを使用していないので、脂質が少ない
ただ、糖質は高いので、食べ過ぎには注意
焼きじゃがノンフライのポテトチップスに似たスナック菓子
とはいえ、全く油を使用していないわけでは無いので注意

かき
ビタミンとタンニンで免疫力アップが期待できる
ただ、食べ過ぎは注意
とうふ麺豆腐尽くしの麺で、タンパク質が豊富
ただ、量が多く、塩分も高いので注意
伊達巻
だてまき
タンパク質が豊富なうえに消化は悪くない
ただ、蜂蜜を入れている場合があるので注意

一口だけ

食材コメント
ほうれん草ほうれん草
ほうれんそう
鉄分が豊富だが結石になる可能性も
あるので食べすぎに注意

いちご
小腹がすいたときに食べるといい
種は綺麗に取り除いて
鶏肉
とりにく
皮は絶対食べないこと
ささみ、むね肉は優秀なお肉
海老
えび
タウリンなど栄養があるが、消化が悪く
殻は炎症を悪化させる恐れがある
バナナ免疫力や疲労回復など栄養面は◎
ただ、種や繊維質が多いので注意
チョコレートカカオの効果はうれしいが、リスクが高い
使用する砂糖やミルクにも注意
コーン他の穀物と比べて糖質が低い
皮や白い部分など消化の悪い部分が多い
パプリカ辛味は感じないが辛み成分が多少ある
また、安全に食べるには少し手間が掛かる
アボカド不飽和脂肪酸で体に良いが、
脂質なので食べすぎに注意
マヨネーズ脂質が多いのでかけすぎに注意
食材の食べ過ぎにも注意
海藻
かいそう
水溶性食物繊維が多いので消化が悪いが
鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富
玉葱
たまねぎ
硫化アリルによる効果は高いが
刺激物なので食べすぎに注意
レタス他の食材を巻いて食べられる
鮮度が落ちやすいので、食中毒に注意
蓮根
れんこん
食事にもおやつにも活躍してくれる食材
ただ、悪化するリスクは高い
胡瓜
キュウリ
食感と音が心地よい食材
ただ、種や皮が取りにくく、厄介
ピーマン免疫力アップや鬱を抑制する効果があるかも
苦味があるが、具材を詰めたりできる

まぐろ
鮮度が落ちやすいため、食中毒のリスクが高い
焼いて食べることで、多少リスクは落ちる

あゆ
栄養価は悪くないが、食べ過ぎに注意
周囲を気にする方は、一人で食べた方がいいかも

くり
甘くてホクホクしているが、注意する点が多い
全体的に、悪化のリスクが高いので注意
ガム噛むことでうれしい効果もあるが、
デメリットの方が多いので、食べない方がいいかも

あん
糖質、カロリーが高く、種類によっては、悪化するリスクがある
選ぶならこしあんを
松茸
まつたけ
キノコなので消化は悪いが、滅多に食べられないということで
一口だけの評価に
銀杏
ぎんなん
非常に秋を感じさせてくれる食材
クセになる味ではあるが、食べ過ぎると体調を崩す恐れがある

ねぎ
玉葱などと同様に、刺激物や食物繊維が豊富
寛解になるまでは、出来れば避けた方がいい
蜜柑
みかん
薄皮や繊維質が多く、また、人によっては体調を崩しやすい
まずは、様子を見ながら食べるといいかも

かに
インパクトはあるが、楽しく会話するには難しい食材
また、アレルギーを発症させることもあるので、注意
のど飴
VC4000mg入り
1粒で推奨量以上のビタミンCが取れる
ただ、悪化や再燃のリスクもあるので、油断は禁物
ハッピーターン塩分や糖質が低くバランスの良い味付けに仕上がっている
ただ、脂質が意外と多い
カントリー
マアム
2種類の味が楽しめるが、悪化するリスクが高い
体調の良い日に1枚だけならいいかも
アルフォートチョコとビスケットが1つになったお菓子
ただ、悪化させる原料が多いかも
植物生まれの
プッチンプリン
脂質やカロリーは通常と変わらなかったので、
食べるにはイマイチのプリン
昔ながらの
中華そば
脂質は低いが、それでもリスクがある
また、栄養価も低いので、少し工夫が必要
丸ぼうろボーロと同じく、脂質は低かったが、
蜂蜜など、体調を悪化させる要因が多かった

なし
消化されない糖質や不溶性食物繊維が多い
食べ過ぎると、悪化させる恐れがある
ピースピーひよこ豆を使用したスナック菓子
食物繊維が多く、タンパク質は少なかった
豆腐
ドーナツ
豆腐を使用していたが、脂質が少し高い
一つのサイズがちょうどいい
ベビースター
ドデカイラーメン
ポテトチップスよりは脂質は低かったが
刺激物など、リスクはあるので、注意
GABA
(チョコ)
ストレスを低減する成分があるチョコだが、
チョコがあまりよろしくなく、またカロリーなども高い
ビッグカツまさかの魚肉で、タンパク質が豊富
ただ、刺激物が多いので注意

避けた方がいい

食材コメント
お酒
アルコール
相性が悪く、リスクが高い
飲むときは自己責任で!
キャベツ不溶性食物繊維が多く再燃のリスクが高い
栄養は高いので寛解になったら食べるべし
珈琲
コーヒー
集中力アップ、リラックス効果があるが
潰瘍性大腸炎にとってはリスクが高い

うなぎ
栄養価は高いがリスクも多い
できれば寛解まで食べない方がいい
牛乳
ぎゅうにゅう
カルシウムやタンパク質が豊富だが、
再燃のリスクが高いので注意
キノコ不溶性食物繊維が多く、リスクが高い
食べる前に工夫するか、出汁にすると良い
砂糖
さとう
糖質の塊で、炎症を悪化させる恐れがある
人工甘味料も、大腸の負担になるので注意
大蒜
にんにく
免疫力向上や疲労回復があり、風邪予防に最適
ただ、刺激物などがあり、悪化するリスクは高い

たけのこ
味だけではなく、食感も楽しませてくれる食材
ただ、食物繊維が多いので、注意
蜂蜜
はちみつ
栄養価の高い甘味料で砂糖よりは優秀だが
食中毒のリスクが高いので注意
ノンフライ麺油を使わずに作った麺なので、脂質が低い
ただ、低いの脂質だけなので、リスクはほとんど変わらない
炭酸炭酸ガスは、潰瘍性大腸炎にとってはデメリットが多い
また、糖質も高いので、飲み過ぎには注意
チーズ脂質や乳酸菌など、悪化させるリスクの方が大きい
また、食欲をそそられるので、食べ過ぎに注意
牛蒡
ごぼう
食物繊維や食中毒によるリスクがあり、
再燃する恐れがあるので、避けた方がいい
蒟蒻
こんにゃく
面白い弾力だけではなく、色や形も豊富で楽しませてくれる
ダイエットには最高だが、リスクが非常に大きい
カルパスお得だが、脂質は高く、リスクは非常に高い
寛解になるまで食べない方がいいかも
こめ油で揚げた
ポテトチップス
一袋当たり40gだが、他と変わらない食べ応え
こめ油でも脂質などは変わらず、リスクは高い
オー・ザックポテトスナックという種類だが、リスクは変わらず、
脂質や刺激物があるので、注意。
あぁ牛タンお肉のような食感で栄養価は悪くないが、
それ以上に、デメリットが多い

詳細編

内容コメント
潰瘍性大腸炎とはこの病気について、私なりにまとめました
初心者の方はこちらを初めに見ることをオススメします
助成金について国からの補助があります
その助成金についてまとめました
内視鏡検査必ず行う検査です
やり方などを詳しく書いてみました

特別編

内容コメント
お正月1年に最初の豪華なお食事
たくさんある料理を1つずつ評価してみました

なべ
楽しく食べられる自由度の高い鍋
スープ・具材・シメに分けて評価してみました

栄養編

内容コメント
食物繊維天敵であり、危険には変わりないのですが、
現代では重要な栄養素でもありました。
脂質こちらも、危険はありますが、
上手に使えば、非常に役に立つ栄養素です。

原材料名編

内容コメント評価
デキス
トリン
デンプンを分解した成分で糖質に近い
一部、消化しにくい種類もあるので注意
ショート
ニング
安くて使いやすい油の一種
完全な脂質なので、避けた方がいい
澱粉
でんぷん
植物が光合成によって作られた成分
食物繊維はほとんど無いが糖質がほとんど
糖アルコール砂糖の代用品で使われており、低カロリー
ただ、消化が悪いなど、デメリットも多い

あるある川柳

内容コメント
トイレ事情1トイレ後によくある行動です。
なかなか離れることが出来ません。
安心する場所安心できる場所はココしかありません!
と思うほど私生活は不安になります。
休憩遊びでも仕事でも、休憩は大事です。
そして自分の休憩はいつもこれです。
飲食店の席食事をするだけでも、席は重要です。
ご迷惑でなければ、指定させてほしいです。
並ぶ姿を見ると妄想全開で、見ているだけでも不安になります。
それは、テレビから見ても同じです。
便利な掲示板衝撃を受けた掲示板です。
何度も助けられました。
おなか以外の
激痛
トイレ後によく痛くなります。
めっちゃ痛いです。
生の食材例え新鮮な食材でも、生の部分を見てしまうと
抵抗を感じます。
体型体重は減りますが、理想の形ではありません。
この方法は、ダイエットには不向きです。
消費期限遅くなった日のおつとめ品は、非常にありがたいですが、
当時の私は、安さよりも、安全を優先して生活をしていました。
温泉湯船につかると悪化する恐れがあるため、極力避けていました。
ただ、断れない場合は、シャワーで済ませていました。
トイレの
場所
間違えたときのリスクも大きいですが、
新しい場所でも、トイレの位置を予想できます。
おまじない当然、効果はありませんが、トイレ衝動の苦しみを逃れるために
ありもしない回復魔法を心の中で唱えます。
相談分からない症状は、まず身内から相談します。
潰瘍性大腸炎になると、そんな相談も増えてきます。
ダイエット病気で痩せてしまった体のため、アドバイスができません。
そのため、「食事の量を減らした」と答えています。
下剤検査のためとはいえ、下剤を飲んでいる時の
お腹の不安感は、何回やっても慣れることはありません。
ハンドタオルハンカチよりもハンドタオルを使用しています。
手を洗う回数が多いので…。
運動運動不足になりがちな生活も、トイレが近くにあれば安心です
病院やショッピングモールなどがオススメです。
トイレに執着トイレの場所に一喜一憂していることに気が付きました。
この運命は恐らく逃れられないでしょうね。
便秘対策する必要なく、トイレに行きたくなる潰瘍性大腸炎。
縁のない話ですが、苦しいのはほとんど同じです。
ぬいぐるみ適度にお腹を温めてくれる上に癒し効果もあります。
少し、恥ずかしいかもしれませんが、意外と悪くないと思います。
年末年始の
食事
食事は、年末年始も含めて気を付けないといけないですが、
断りづらい状況でもあります。(建前)
炬燵
こたつ
一度入ったらなかなか抜け出せないトラップ
もしかしたら潰瘍性大腸炎にとっても、多少、悪影響があるかも
喫茶店
きっさてん
モーニングなどはテンションが上がります。
こんな生活に憧れています。
寝る前習慣化されてしまった1つです。
寝る前にトイレ(大)に行かないと落ち着きません。
最高潮になるお腹のテンション。
体調もいつも以上に悪くなります。
トイレ後の
確認
日常生活でわかる1つの方法です。
一喜一憂していました。
不安寛解後に起こる腹痛は、過去の経験からか、
非常に不安になります。
口実お酒が苦手の場合は、病気を理由に断れます。
もしかしたら、他にも使えるかも?
急ぐ人トイレと結びつけてしまう傾向があるため、
「急いでいる人 = トイレ」と思う自分がいます。
外見とは
裏腹に
見た目は元気でも、中(腹)は辛い状態です。
言葉では伝わりにくいのも辛いです。
ゾッとする
個人的には、怖い話で、トイレを利用できないと分かると
とたんにお腹が痛くなることが良くあります。
待機中ゲームよりもトイレ優先の待機時間でした。
何度もシミュレートしてトイレを確保していました。
嘘を付く良くないことは分かってはいるのですが、恥ずかしさのあまり、
つい言い訳をしてトイレに行ってしまいます。
トイレに喜怒哀楽していました。
良い思い出?だったと思います。
我慢できないもうすぐ呼ばれそうなときに限ってお腹が痛くなります。
その場合でも、長い間待つこともあるので、結局行きます。
捨てられない
貧乏性、ズボラな自分が招いた結果です。
長期治療になった要因の一つかもしれません。
親よりも
その1
親よりも先に透析治療した時のオヤジの反応です。
思った以上に驚いていました。
親よりも
その2
20代で親よりも病院の記録を更新しました。
深刻さが伝わったみたいです。
共有知っているだけでも、非常に助かります。
もう手放せないです。
待ち時間発症してからの課題でいまだに落ち着きません。
何かいい案があればいいのですが。
思い出
(悪い)
悪循環になってしまった悪い思い出です。
今でも時々ストレスになってしまいます。
危機管理反省し、活かした結果だとは思いますが、
今思うと恥ずかしい行動です。
広告当時を懐かしむこともあれば、
時にはフラッシュバックし、悶える場合があります。
パッサパサ長時間かけてじっくり放置しないと出会いません。
申し訳ないです。
見られても
平気
あまりうれしくないスキルを得ました。
ただ、これで助かっている場面もあるので何とも言えません。
食事制限潰瘍性大腸炎の食事制限という現実を
思い知らされた瞬間でした。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました